川口市の水道 事業 料金 施設 入札 災害対策 など

水道局企業情報

Get ACROBAT READER
PDFファイルをご覧になるには
Adobe® Reader™が必要です。

川口市公営企業経営健全化計画について

本市の水道は、安全・安心な水道水を安定してお客様にお届けするため、市内8つの浄配水場と約1,390kmの配水管網を整備しており、この水道施設の整備の財源として皆様からいただく水道料金のほか、地方債(公営企業債)を借り入れております。

この地方債の現在高は、平成21年度末において約311億円で、この中には金利の高い時期のものがあるため、地方債の借入れに係る支払利息を軽減することは水道事業の更なる経営健全化の課題の一つであります。

この金利の高い地方債について、国では厳しい地方財政を鑑み、将来的な住民負担を軽減するために、金利の高い地方債の繰上償還(補償金免除)を平成19年度から平成21年度までの臨時特例措置として認めておりましたが、更なる行政改革・経営改革の実施等を要件として、本措置を3年間延長し、平成22年度から平成24年度においても実施されることとなりました。

本市の水道事業においても、「公営企業経営健全化計画」を策定し、平成22年12月に総務大臣及び財務大臣より承認を得たことから、下記の地方債について繰上償還できることとなりました。

(上記平成21年度末の数値は川口市と旧鳩ヶ谷市の合計値を記載しています)

1 繰上償還が可能となった地方債   旧資金運用部資金、旧公営企業金融公庫から借り入れた年利5%以上の地方債

2 繰上償還額(予定)   2,908,732,956円(旧鳩ヶ谷市を含む)

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画(PDF版)

※本計画は平成24年7月時点において、平成26年度までの経営状況を見込んだものであり、今後この計画と実際の経営状況に乖離が生じる可能性があります。

※また、計画期間中の執行状況について、下記のとおり報告書を掲載します。
財政健全化計画等執行状況報告書(平成26年度末現在)(PDF版)

なお、本市では、普通会計において『財政健全化計画』、下水道事業会計及び病院事業会計において『公営企業経営健全化計画』を策定しております。

川口市一般会計(財政課)

下水道事業特別会計(下水道管理課)

医療センター

このページのトップに戻る