川口市の水道 事業 料金 施設 入札 災害対策 など

下水道の役割

下水道は、居住環境の改善や公衆衛生の向上を図り、快適な生活環境を確保するための施設の一つであるとともに、公共用水域の水質を保全するための都市における根幹的な施設であり、環境への負荷が少ない循環型社会を形成し、安らぎと潤いのある豊かなまちづくりを進めるうえで、その果たす役割は、ますます重要なものとなってきています。

1、生活環境の改善(汚水の排除)

生活汚水が速やかに排除されず、住宅周辺に停滞していると蚊や蠅または悪臭の発生源となり、生活環境を悪化させることになります。下水道を整備することによってトイレが水洗化されるなど、生活環境の改善を図ることができます。

子供がトイレの前に立っている絵

2、雨水の排除(浸水の防除)

下水道は、河川、水路、側溝などと同様に雨水の排除のための機能を有していて、浸水の防除を行うことも重要な目的の一つです。

工事監督者が現場で浸水被害に遭っている様子をイメージして、その対策を考えている絵

3、公共用水域の水質保全

下水道を整備する(汚水の収集、運搬、処理)ことは、河川などの公共用水域の水質汚濁の防止に積極的な役割を果たし、豊かな自然環境の保全に大きく寄与します。

水質管理者が川の水をビーカーで採取し、その水を確認している絵

Get ACROBAT READER
PDFファイルをご覧になるには
Adobe® Reader™が必要です。

このページのトップに戻る